お問合わせプレート

HOME > 新着情報_トピックス > 8月の未来肌「紫外線=美肌にマイナス 骨にプラス??」

title_left 8月の未来肌「紫外線=美肌にマイナス 骨にプラス??」 title_right

先日、フェイシャルにお越しの70代のお客様から
「今日は骨の為に日焼け止めを顔だけに薄く塗ってきた!」というお声を聞きました。
日光を敵対視しすぎると体内でのビタミンDの合成が減り、骨が弱くなるというTV番組を見てから
今まで塗っていた首や腕は日焼け止めを塗るのをやめているというお話・・・。

ちょっと極端な解釈でしたが、美肌と共に骨粗鬆症が切実なお悩み!と再確認しました。
ご本人にもお伝えしましたが、シミしわたるみなどの
「肌の老化の80%は紫外線が原因」というのは定説になっています。

骨の形成にはもちろん紫外線も必要ですが、1日15分程度でいいと言われているので、
洗濯を干して、玄関を掃除して、買い物に行って、と1日過ごす間に多分あっという間に必要量は浴びているのでは??
番組の中ではシミのできない足の裏に10分日光浴をして、ビタミンDを増やす実験も行っていたそうです。
あえてそこまでしなくてもいいかなと個人的には思いました。
猫サングラス
1年で1番紫外線が強くなる8月、やはり日焼け止めは必須です!!皆様はどう思いますか?
エステティシャン  伊藤